Now Loading...

Now Loading...

2015/12/25
著 : ウイルスバスター チャンネル編集部

アダルトサイトの請求画面が消えません… そんなときの正しい対処法を教えます!

怪しいWebサイトで「登録完了」のダイアログ
個人を特定したようなIPアドレスも

ネットの世界には、パソコンやネットの仕組みに詳しくないユーザからお金をだまし取ろうと考えている人が少なからず存在します。そして、これはニュースの世界のことで、自分には関係ないだろうと思っている方もいるかと思います。実はウイルスバスターチャンネル編集部の私も少し前まではそう思っていました。

しかしある日、私も「ワンクリック詐欺」の被害に遭いそうになり、身近に起こりえる事態だと初めて気付いたのです。

そもそものきっかけは単純なことでした。SNSで知人が面白い記事があると話題にしていたので、リンクからそのWebページを表示しました。

そのWebページは広告が多く、画面をスクロールしてやっと記事の本文にたどり着くというものでした。記事を読み終わり、記事のリンクのようなバナーがあったのでクリックしたところアダルトサイトが表示されました。興味本位でそのWebページ内にあった「進む」というボタンをクリックしたところ、画面に「登録完了」というダイアログが表示されました。

有料会員登録が完了しました

登録のための情報入力や決定ボタンなどを押した覚えはないのですが、登録完了の画面に続き、会費の請求が表示されてしまいました。そこには個人を特定したかのようなIPアドレスや、使っているWebブラウザの種類などの記載もあります。さらには支払いがなかった場合は、弁護士や債権回収業者から連絡が行くような旨の説明も掲載されていました。

要注意!滞納者への対処の流れ

そして問題なのは、そのウィンドウを何度閉じても自動的に開いてしまうことでした。ちょっと人に見られたくない画面です。

ワンクリック詐欺に反応してはダメ!
返信メールやソフトのインストールはNG

そもそも、今回のケースは契約として成立しているのでしょうか? 「電子消費者契約法」では、マウスの操作ミスなどによる誤った契約がなされないよう、確認の画面を表示して訂正を可能とすることを義務づけています。一般的なショッピングサイトで、購入前に何度も確認画面が出るのはこのためです。

今回の場合は、登録確認画面が表示されることなくボタンをワンクリックしただけで「登録完了」と表示されたので、契約は成立しません。そもそも、契約に関する説明もないので、そのWebサイトは「広告の表示義務(特定商取引法)」も怠っていることになります。

✔ ポイント1 ワンクリックでは契約は成立しません

IPアドレスや使っているWebブラウザの種類が表示されていると、まるで情報を抜かれて個人を特定されたかのような不安に駆られるかもしれません。しかし、これは普段Webブラウジングをしているときに、通常やり取りされている情報に過ぎません。

IPアドレスだけで、ネット詐欺犯罪者が住所や名前などの個人を特定する情報を得ることはできないのです。

✔ ポイント2 IPアドレスを表示されても個人は特定されません

それよりも現実問題としては、クリックしても同じウィンドウが表示されてWebブラウザが閉じられないことの方が問題でした。

どうにもならなくなったので無理矢理パソコンを再起動してみたのですが、ブラウザを起動するとまたしても請求の画面が表示されるようになってしまいました。さらに「パソコンが乗っ取られている可能性があります。専用のソフトを購入すれば、これを回避できます。まずはメールでお問い合わせを」というメッセージが表示されました。

ワンクリック詐欺だけでも大変なのに、パソコンのトラブルが起き、そこに善人を装ったメッセージが表示されてしまうと、知らない人はここで詐欺に引っかかってしまうのではないでしょうか。

実は今回のケースでは、登録完了表示からこのパソコンのトラブル復旧の部分までが、全部込みの悪質な詐欺の手口なのです。わらにもすがる思いでメールを送信したり、試しにソフトをインストールしたりすると、犯罪者の思うつぼです。メールアドレスの取得が目的で、その後に悪質なSPAMメールが届くようになったり、お金を払ってくれる“優良顧客”として、さらに金銭を要求される可能性もあります。

✔ ポイント3 表示されたアドレスや電話番号に問い合わせしてはいけません

“ワンクリック”では契約は成立しません。メールなどで連絡をせず、請求に応じてはいけません。ワンクリック詐欺に遭ったときに、まずやるべきことは「何もしないこと」なんです。

迷惑な表示を消したい!
どうやって対処すればいいの?

とはいえ、開きっぱなしになったウィンドウを放っておくわけにもいきません。私の場合は、Windows 8.1の「システムの復元」で1週間前の状態に戻すことができました。この1週間に新しくプログラムをインストールすることはなかったので、特にOS環境の問題もなく、悪質なメッセージも表示されなくなりました。

システムファイルと設定を復元します。

たまたま悪質ではない(行為自体は十分悪質ですが)プログラムであったため、システムの復元で復旧できました。

Windows 7や8、8.1、そしてWindows 10には動作に問題が生じた場合の対処方法として、Windowsプログラムのアップデートなどを自動的に復元ポイントとして保存する「システムの復元」機能があります。この機能を利用することで、アップデートなどの不具合が発生した場合に、以前のトラブルのなかった状態に戻すことができます。

もし、復元ポイントが保存されていなかった場合はどうすればいいのでしょうか?

事前に「バックアップと復元」機能で外部メディアにWindowsバックアップを保存していれば、その状態に復元することが可能ですが、バックアップをしていなかった場合は、Windowsの「回復」機能で「初期状態」に戻す必要があります。

初期状態とはパソコン購入時の状態に戻すということで、プログラムやデータなどがすべて初期化されてしまいます。また、プログラムのインストールやデータの回復の作業などが必要となります。

購入時の状態に戻すことができる。

Windowsのタスクマネージャなどを駆使したり、場合によってはWebブラウザを再インストールするなどして、ひとまず勝手に開いたウィンドウを閉じることは可能です。しかしこのとき注意すべきは、同時にマルウェアなどが侵入してきた可能性があることです。

こうしたトラブルに対処するには、面倒ですが、復元やパソコンの初期化を行った方が賢明です。初期化することなくウィンドウが閉じたとしても、必ずセキュリティ対策プログラムをインストールするなどしてパソコン内をチェックしておきましょう。

✔ ポイント4 Windowsを復元または初期化します(ウイルスチェックを忘れずに)

ワンクリック詐欺の被害を前もって防ぐには
セキュリティ対策ソフトウェアが有効

ワンクリック詐欺を行っているWebページは頻繁がURLを変更され、Webページやメールに記載されたリンクなどがあたかも企業のWebページのように偽装されるなど、手口が巧妙化しています。これを見極めることは、簡単ではありません。ましてやこの事情を知らない方は、説明テキストを信じてクリックしてしまいます。

そういったワンクリック詐欺や、それに関連する悪質なプログラムからパソコンを守るには、やはりセキュリティ対策ソフトウェアが有効です。

トレンドマイクロの総合セキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド 10」は、こうした問題のあるWebサイトへのアクセスや、プログラムの実行を事前に防いでくれます。

このWebサイトは安全ではない可能性があります。

✔ ポイント5 セキュリティ対策ソフトで前もって対策を取りましょう

ワンクリック詐欺はパソコンだけの問題ではありません。パソコンよりも手軽で利用者の幅が広いスマートフォンも、ワンクリック詐欺のターゲットになっています。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)によれば、2015年7~9月のワンクリック詐欺の相談件数が前年四半期比で約15.8%も増えています。

ウイルスバスター クラウド 10は、パソコン以外にスマートフォンやタブレットなど、3台(*1)までインストール可能なライセンス形式となっています。よく使うスマートフォンやタブレットも、ワンクリック詐欺やクレジットカードの入力、ネットバンキングの不正操作の脅威から保護することができます。

ワンクリック詐欺やパソコンのトラブルの対処方法がわからない、あるいは何かあったときに心配だと思っている方には「ウイルスバスター クラウド 10 + デジタルライフサポート プレミアム」がオススメです。

トラブルの対処方法などを電話やメールで聞けるサービスで、復元の方法や不要なプログラムの削除方法など、事細かくサポートしてもらえます。まさに「ウィンドウが閉じなくなった!」といったトラブルに遭ったときにも、対処方法を教えてくれるので便利です。(*2)

【参考記事】アダルトサイトのトラブルから恋の相談まで!? 「プレミアム」なサポートはどこまで助けてくれるのか、聞いてみた!

その他、プリンタの設定方法などパソコンの周辺機器や、ソフトの選び方、スマートフォンやタブレットの使い方など、今聞きたい疑問にも応えてくれます。離れて暮らす両親に、パソコンやスマートフォンを保護できる「ウイルスバスター クラウド10 + デジタルライフサポート プレミアム」をプレゼントするのも、親孝行の1つになるのではないでしょうか。

「ウイルスバスター クラウドの購入はこちら

「ウイルスバスター クラウドを無料体験したい方はこちら

サポート範囲詳細はこちら

*1 1台の端末にOSが1つの場合、3台までインストール可能です。
*2 本サポートサービスは問題解決のご支援を行うためのもので、問題解決を保証するものではございません。
サポート範囲詳細はこちら