Now Loading...

Now Loading...

2015/08/28
著 : ウイルスバスター チャンネル編集部

ヨッピーが破天荒な自分史を語るイベント「ガチでセキュリティな夜」レポート

2015年8月21日、トレンドマイクロはウイルスバスター クラウド 10の発売を記念したブロガーイベント「ガチでセキュリティな夜」を開催しました。人気Webライター・ヨッピーさんと、ギーク女子・池澤あやかさんをゲストに迎えた当イベントでは、年々巧妙化するウイルスの変遷とウイルスバスターの歴史を時系列で紹介! この記事では、ヨッピーさんのきわどい暴露エピソードも飛び出したイベントの様子を余すことなくレポートしていきます。

プロフィール

ヨッピー:Webライター

Webライター。関西学院大学を卒業後、商社に就職。退職後はさまざまなWebメディアで記事を執筆し、一躍人気ライターに。そのほか、メディア運営のアドバイザーやWebライター塾の講師としても活躍中。(写真左から二番目)

池澤あやか:女優

女優。2006年に第6回東宝シンデレラ審査員特別賞受賞後、映画「ラブリ」でデビュー。自身でプログラミングもこなすギーク女子として「小学生から楽しむ RUBYプログラミング」などの著書も多数。(写真右から二番目)

木野剛志:トレンドマイクロ株式会社 コンシューマープロダクト課 プロダクトマネージャー

トレンドマイクロ株式会社 コンシューマープロダクト課 プロダクトマネージャー。製品の開発のほか、営業、サポート、広報など、ウイルスバスター クラウドの製品マネージメント全般の指揮を執る。(写真右)

森本純:トレンドマイクロ株式会社 コアテク・スレットマーケティング課 シニアスペシャリスト

トレンドマイクロ株式会社 コアテク・スレットマーケティング課 シニアスペシャリスト。インターネットの危険性や脅威を普及し、トレンドマイクロ社製品のマーケティングを担当する。(写真左)

ウイルスバスターと池澤さん同じ1991年生まれ!
そのころヨッピーは・・・

司会
本日はウイルスバスターの変遷をたどりながら、登壇者のヨッピーさんやウイルスバスターと同い年である池澤さんに自分史を振り返っていただきたいと思います。初めにウイルスバスターの黎明期である1990年代を見てみましょう。まずヨッピーさんにお聞きしたいのですが、初めてパソコンに触ったのはいつごろなんですか?

ヨッピー
そもそも僕が「パソコンを欲しい!」と思うようになったきっかけはアダルトゲームなんですよ。若いころの同級生におうちゃんっていうお金持ちのボンボンな男がいまして、そいつが使っているのを見てたらそのうちに僕自身もアダルトゲームで遊びたくなってきちゃいまして(笑)。で、当時20万円くらいするパソコンをお母さんに買ってもらいました。

司会
なるほど、エッチなゲームで遊ぶためのパソコンをお母さんに買ってもらったんですね(笑)。

ヨッピー
はい。アダルトゲームの力ってすごいんですよ。それからしばらくしてWindows 95がリリースされたときに大行列ができたんですが、この行列の原因もアダルトゲームですから。

池澤
ええ!? それってどういうことですか?

ヨッピー
当時「同級生2」というアダルトゲームの名作があったのですが、それまではPC98でしかプレイできなかったんです。でもWindows 95さえ入っていれば、どのマシンでもプレイできるようになった。つまりWindows 95を買うために並んでいた男どもはみんな「同級生2」をプレイしたかった人たちなんですよ。

池澤
……えっ!? 本当に!?(本当ではありません※編集部注)

初代ウイルスバスター登場時、
ウイルスの種類は数えるほどしかなかった!

司会
池澤さんは初めてパソコンに触れたのはいつごろだったのでしょうか?

池澤
私が初めてパソコンを触ったのは小学校の授業でした。義務教育でパソコンの授業があったんです。

ヨッピー
パソコンの授業ってどんなことするんですか?

池澤
うーん、それがあまり覚えてなくて。当時は「おもしろフラッシュ倉庫」というサイトでフラッシュ動画を見ていた記憶しかありませんね(笑)。

司会
世代が違うお二人は、パソコンとの出会い方もまったく違って面白いですね。ちなみに池澤さんはウイルスバスターと同い年だそうで。

池澤
そうなんです! 私が生まれたころの初代ウイルスバスターってどんなものだったんですか?

トレンド木野
ウイルスバスターが最初に発売された1991年当時は、ウイルス自体の数も今ほど多くありませんでした。そんなこともあり、初代ウイルスバスターのパッケージの裏には対応しているウイルスがすべて書かれていたんですよ。

池澤
当時のウイルスってまったく想像できません……。どんなものだったのでしょうか?

トレンド森本
当時は今のようにグラフィックを見て操作するOSではなく、テキストで動くタイプのOSがメインでした。初期のマルウェアの大半は愉快犯で、入力操作を奪ってしまうものが多かったんです。当時はインターネットがまだ普及していなくて、フロッピーディスクを介した感染が主でした。こちらが感染したときの画面です。

池澤
なんだか画面を見る限りは可愛いですね、このウイルス(笑)。

トレンド森本
見ている分には可愛いですが、感染すると操作ができなくなって大変だったんですよ。

ネットの普及によりウイルスが爆発的に増加した2000年代

司会
2000年ごろに差し掛かると、インターネットの普及とともにウイルスによる被害も爆発的に増え始めました。多様化する脅威に対応するべく、ウイルスバスターが大きな進化を遂げようとしていたこの時期、ヨッピーさんはWebライターとしての活動を開始したそうですね。

ヨッピー
これもまたゲームが動機になるんですけど、2000年当時に「ディアブロ2」っていうゲームにドハマリしまして……大阪の難波にあった「PCバー」ってところに通ってたんですよ。

池澤
「PCバー」って何ですか?

ヨッピー
1000円で2時間インターネットを使わせてもらえる漫画喫茶の先駆けみたいなところです。でもやっぱりそこに通い続けるのはお金がかかり過ぎるだろ、ってことでお母さんに13万円借りて2台目のパソコンを買いました。ゲームをするために。

司会
お母様もよく貸してくださいましたね(笑)。

ネットの普及で転換期を迎えたウイルスバスター

トレンド森本
2000年代中ごろになると、多くのユーザが当たり前のようにインターネットを使い、電子メールを使ったやり取りも一般的になってきました。そんな中で出てきたのが、メールの添付ファイルを介して感染する、通称「ぐるぐるウイルス」というものです。

池澤
画面を見ると、まさにその名の通り「ぐるぐる」ですね(笑)。

トレンド森本
このウイルスの特徴は、パソコンに感染後、自分自身をインターネットにつないでアップデートする点です。ウイルスもインターネットの普及とともに転換期を迎えた訳ですね。そんな背景もあって、ウイルスバスターも日々進化するウイルスに対応するべく、2005~2008年に他社に先駆けていち早くクラウド化を推し進めました。膨大な情報をクラウド上で管理するウイルスバスターのスタイルはこのころに確立されたわけです。

司会
クラウド化には具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

トレンド木野
クラウド化をすることで、端末に入っているウイルスバスターはセンサーのような役割を担うことになります。たとえば、いまここにあるパソコンが世界で初めてのウイルスに感染した場合、その情報はクラウドを介して即時に世界中のウイルスバスターに共有され、トラブルを未然に防止してくれるのです。現時点では1日に100テラバイトのデータを処理しています。

ヨッピー
100テラバイトって! 某動画サイトでアダルト動画を落とすとしたら10万本分ですよ!

一同:(笑)。

商社のヨッピーからWebライターのヨッピーへ

司会
ちなみにそのころはヨッピーさんも転換期を迎えていたそうですね。

ヨッピー
2000年代の初めのころはまだ商社で働きながらブログを書いていましたね。商社の仕事はつまらなかったので入社して3ヶ月くらい経ったときにはもう辞めようと決めていたのですが、結局7年間勤めました。

池澤
よくそんなに続きましたね。

ヨッピー
仕事はつまらなかったけど、配属された東京での暮らしは楽しかったんです。でも転勤がある会社だったので、いつかは必ず異動の辞令が出るだろうな……と。それで異動が出たら辞めようと待っていたら、結局7年も経っちゃった(笑)。

司会
その頃はどんな記事を書かれていたのですか?

ヨッピー
はい。「オモコロ」というサイトで電車内で●●の格好をする記事とか書いてました。今やったら確実に炎上しますね。

池澤
これってもし会社にバレたら大変ですよね?

ヨッピー
うん。でも、このころの僕の記事は全部、ギリギリ素顔がわからないようにしているんですよ。

司会
なるほど、会社の目をかいくぐって楽しい記事を書かれていたわけですね。ヨッピーさんが商社を退職されたのは2011年3月だそうですが、その後はライターとしての活動の仕方も変わりましたか?

ヨッピー
無職になって完全にタガが外れましたね。たとえば、「テレビに出たい」という思いで、iPhoneの恰好でアップルストアに並んだりもしました。この時は新聞と海外のCNNに取材されました。でも僕、iPhone、欲しくなかったのでiTunesカードを買って帰ったんですけどね。

池澤
ヨッピーさん、何してるんですか(笑)。

現代のウイルスはさらに巧妙に……知らないうちに感染している!?

司会
ここまでは時代とともに進化するウイルスと、それに対抗するウイルスバスターの変遷を辿ってきましたが、さらに手口が巧妙化する現代ではどのようなウイルスが多いのでしょうか。ヨッピーさんと言えば下ネタのイメージがありますが、最近アダルトサイトでウイルスに感染した経験はありますか?

ヨッピー
え? そんなに下ネタのイメージあるんですか、僕って。

一同:(笑)。

ヨッピー
でも僕ぐらいになると、手馴れたものでそんじょそこらのフィッシングサイトには驚きませんね。普通にスルーしますよ。

トレンド森本
すごいですね(笑)。でも、最近のウイルスはユーザが気付かない間にパソコンに入り込んで個人情報を盗み取るステルス型が多いので、ヨッピーさんが気付かないところで感染している可能性もありますよ。普段はパソコンに潜んでいて、ネットバンキングを使おうとすると、情報を盗み取って外部に不正送金をするウイルスなんかも確認されていますから。

ヨッピー
マジか……。

池澤
それって予防策とかはないんですか?

身代金を要求される!?国内で流行り始めたウイルスにも即対応

トレンド森本
これらのウイルスの多くはブラウザなどに存在するセキュリティの穴(脆弱性)を狙って入り込むので、OSやブラウザ、ソフトのセキュリティ更新プログラムを常に適用するようにしておけば、リスクは減ります。もちろん、ウイルスバスター クラウド 10でも危険なサイトはブロックしてくれるので、セキュリティソフトは本当に入れておいて損はないですよ。

池澤
なんか怖いですね。ステルス型のほかにも最近流行っているウイルスってあるんでしょうか?

トレンド木野
「ランサムウェア」という身代金要求型のウイルスは今後被害が増えそうです。このマルウェアは、パソコンを乗っ取った後で「解除して欲しければ金を払え」というメッセージを表示する悪質なもので、最近ではこの文章が日本語化されたものも確認されています。ウイルスバスター クラウド 10は最新のランサムウェアにも対応しているので、ユーザの皆様にはぜひ入れておいてほしいですね。

イベントを振り返って

ヨッピーさんの破天荒な自分史暴露と、池澤あやかさんの軽妙なツッコミで大いに盛り上がったウイルスバスター クラウド 10発売記念イベント。来場者は楽しみながらウイルスとセキュリティの変遷を学べたはず。人目にはなかなか気づけない攻撃やランサムウェアのような新たな脅威にも備えるべく、読者の皆さんも普段からしかるべき対策を打っておきましょう!

■ヨッピーイベント後記---------------------------------

「インターネットを振り返る」と言っても、僕がインターネットをはじめてから、たかだが15年やそこらでここまで進歩してるのかと思うと感慨深いのですが、僕自身は「セキュリティソフトになんて頼らない」「個人情報をガンガン垂れ流す」みたいな自分のスタンスを、「アナーキーでカッコイイ!」みたいに思っていたフシがあるのでそのへんは猛省したい所です。僕もエロサイトの閲覧履歴など、外に漏れると大変恥ずかしい情報がパソコンには詰まってるので今後は改善したいと思います!

■池澤あやかイベント後記--------------------------------

――インターネットの歴史を振り返ってみて

インターネットの歴史というよりも、ヨッピーさんやオモコロについて詳しくなれたような気がしました。

――昔~現在のウイルスを知ってみて

ターミナルでアスキーアートをしてみたり、ブラウザのウィンドウをたくさん表示させて遊んだり、実害がないぶん、昔のウイルスは愛くるしくと感じました。そんなコンピューターウイルスが、今やデータをぬきとる悪質なものに変容しているなんて……時の流れは残酷です。

――ウイルスバスターに対するイメージ

「ウイルスバスタークラウド 10 デジタルライフサポート プレミアム」のカスタマーサービスの充実っぷりには本当に驚きました。PCだけではなく、PC周辺機器まで電話サポートしてくださるなんて。機械類が苦手な祖父母にプレゼントしたら喜んでくれそうです。

-------------------------------------------

【イベントレポートをご覧になった方に朗報】
Windows版は特別に90日間無料で体験できる期間限定ページを公開中。(Macは通常どおり30日)
9月30日までなのでこの機会にぜひお試しください。
「ウイルスバスター クラウド 10」90日無料体験版