Now Loading...

Now Loading...

2016/04/27
著 : All About「ビジネス文書」ガイド 鈴木 真理子

スマホの写真、整理する理由/しない理由

ふだんスマホで何撮っていますか?

スマホのおかげで、いつでもどこでも手軽に写真が撮れる時代になりました。解像度だってデジカメ並みです。使わない手はありませんね。ところで、他の人はスマホでどんな写真を撮っていて、その後どうしているか、疑問に思ったことはありませんか?

実は、20代から40代の男女会社員に「スマホの写真にまつわるアンケート(*1)」を行った結果、約半数の人が「スマホの写真を整理していない」ことが判明しました。スマホの写真は保存すべきものと捨ててよいものがきっとあるはず。これを機会に、簡単で時短もできる整理術を試してみてください!

まずは気になるアンケートの質問と結果を見てみましょう。

Q1.ふだん、スマホで撮影するものは何ですか?
1位 料理・食べ物(78.1%)
2位 旅行先の風景(67.1%)
3位 備忘録としてのメモ(53.4%)

人物を撮る人は意外と少なく、友人(37%)、子供の写真(27.4%)、自分(4.1%)という結果でした。

Q2.スマホで撮影した写真はおもにどのように管理していますか?
1位 スマホに溜まったまま何もしていない(45.8%)
2位 クラウドや写真管理アプリなどでまめに整理・管理(26.4%)
3位 SNSにアップしてSNS側で保管(13.9%)

何もしていない、という方は半数近く。また、整理している方の多くは「Googleフォトと同期させてPCで整理」や「PCと同期させてバックアップは取っておく」という方法が多く見られました。

Q3.整理していない人は、その理由を教えてください。
(※フリーアンサーを整理)
1位 面倒くさい
2位 整理する必要性やメリットを感じない
3位 時間がない

うーん、やはり「面倒くさい」が圧倒的ですね。
この他にもいろいろな理由がありました。
「自分が見られればいいと思っている」「撮るのが楽しいだけなので、あとであまり見直さない」「撮影日時でソートされていればよい」「スマホの写真を整理するという考えがなかった」などなど…。

ちなみに、何枚くらい溜まっているのか?も聞いてみましたが、少ない人で500枚くらい、多い人は3,000枚近くありました!

保存する写真を選ぶ=いらないものは捨てることからスタート!

やはり「スマホの写真の整理なんて面倒」と感じている人が多いようです。でも、スマホに写真をためておくとデータが“メタボ”になる一方。写真は撮影順に時系列で保存されていきますが、写りのいいものも悪いものもそのままで、お客様の名刺や議事録代わりに撮影したホワイトボードの写真があったり、プライベートのネイルや料理の写真があったりでは、探すときに手間と時間がかかってしまいます。
まず習慣にしてほしいのは「いらない写真を捨てること」。
簡単に捨てられる3つのルールをご紹介しましょう。

簡単に捨てられる3つのルール

ルール1.ダブっていたら捨てる
料理を撮影するとき、構図を変えて何度か撮り直しますね。同じような写真は全部取っておく必要はありません。撮影した直後に出来映えをチェックし、ベストショットを1つだけ選んで、ボツになったものはさっさと捨てましょう。後回しにすると面倒くさくなるので、撮影直後にセレクトするのがおすすめです。

ルール2.目的を果たしたら捨てる
写真は、その目的を果たしたら捨てましょう。備忘録は用件が済んだら削除。また、SNSにアップしたり、人に送ったり、クラウドに同期したり、パソコンのフォルダに移したら、スマホ側の写真を削除してもかまいません。

ルール3.目をつぶっていたら捨てる
人物の写真は、一人でも目をつぶっていれば捨てます。また、酔ったときの友人の写真や変顔など、その場では面白くても、本人が嫌がるような写真は捨てるのが賢明でしょう。自分がされたら嫌なことはしない、もマナーです。

「整理」と「整頓」は違う

「5S」という言葉をご存じでしょうか。これは「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の5つの頭文字を取ったもので、もともとは工場の生産現場で生み出されたものです。いまではオフィスワークにも通じるので各企業が採り入れています。

とある調査によると、ビジネスパーソンが1日に探しものをする平均時間は37.5分だそうです。あなたは、紙の書類やPCに保存したデータやメールをどのくらいかけて探していますか?整理しない限り、モノやデータは増えていく一方。残業が多いと嘆くよりも、探す時間を減らすのが手っ取り早い方法です。

「整理整頓」という言葉がありますが、5Sでは整理と整頓を分けています。整理は「捨てる」、整頓は「置き場所を決める」です。写真も、まずは捨ててデータをスリム化してから、保存すべきものは置き場所を決めましょう。すると、探すときのムダがグンと減ります。
保存された写真は大切なものが残るわけです。見返すたびに満足度もアップすることでしょう。

撮った写真はその場で整理。続ければビジネスにも効いてくるかも!

撮った写真はその場で整理。続ければビジネスにも効いてくるかも!

整理するとご利益もいっぱい

スマホの写真を整理すると、ご利益がいっぱいあります。スマホで写真フォルダを閲覧したとき、ムダなくきれいになったことにすぐに気づくでしょう。PCで整理したなら、大画面でスライドショーを見ることもできます。そこには無用な写真も出てきません。また、ネット上でアルバムを作るサービスなどもあるので、旅行やイベントなどの大切な思い出を一冊にまとめるのも素敵です。デジタルフォトフレームなどを使えば、お気に入りの写真を飾れます。

私は以前、フィルム一眼レフカメラで写真を撮るのが趣味でした。当時はフィルムを買うのも現像するのもコストがかかるので、1枚ずつ丁寧に撮影していた気がします。いまはやはり、いらないものまで撮影してしまうことがありますね。でも、当日のうちに捨てたり、残したい写真をPCに転送したり、SNSで公開したら消去したりするのを習慣にしています。電車の中やスキマ時間にやれば、あっという間に終わります。その際、最近では「ランサムウェア」といわれる、ファイルを暗号化して開けなくしてしまうウイルスも拡大してきていますから、大事な写真は安全な場所にバックアップをとっておくようにすると、なおいいですね。

整理は決して難しいスキルではありません。いらないものを手離し、大切なものとだけ付き合う心地よさをぜひ体感なさってください。私たちのまわりにはモノやデータが溢れていますが、それらに振り回されず、自分で主導権を握りましょう。
整理整頓を行い、必要なものだけ持ち、スッキリした状態を保つと、自然と心まで整います。すると徐々に、優先順位がつけられる、決断が早くなる、時間の使い方がうまくなる、といった効果があらわれます。これは仕事にも通じます。
さっそく今日から「整理整頓」試してみませんか?

*1「スマホで何を撮影していますか?アンケート」2016年3月24日~3月28日All About調べ

・記載された商品名、各製品名は各社の登録商品または商標です。
・掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
・本記事の内容には主観的な評価情報、時間の経過による変化、伝聞情報が含まれることから、その完全性、正確性、安全性等いかなる保証をしているわけではありません。
・2016年4月27日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。
・TREND MICROはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。本ウェブサイト上で使用される各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。