Now Loading...

Now Loading...

2016/04/07
著 : ウイルスバスター チャンネル編集部

不正アプリは累積1,000万個を突破!Androidを狙う脅威に対して防衛策が必須に

加速度的に高まる脅威
ランサムウェアも確認される!

Androidユーザにはショッキングなレポートが発表されました。トレンドマイクロの調査で、2015年の1年間におけるAndroid端末をターゲットにした不正アプリの数が、累積1,000万個を突破したことがわかりました。この数字は、iPhoneなどのiOS端末の場合に比べて、はるかに大きいものになっています。
そして今、モバイル端末にとって特に注意が必要なのが、ランサムウェアです。これは不正アプリとしてスマホなどのモバイル端末に侵入、画面をロックしたり画像などのファイルを暗号化して「人質」にとり、解除する代償として金銭を要求してくるウイルスです。その挙動から、身代金要求ウイルスと呼ばれています。

身代金要求ウイルスはこれまで、主にパソコン環境で猛威を振るっていました。
しかし2016年3月には、Androidを標的とし、しかも日本語で脅迫してくる身代金要求ウイルスが国内で確認されました。詳細はセキュリティ情報サイトis702の記事「ファイルや端末を人質に脅迫!?スマホを狙う不正アプリの最新事情」を参照してください。

日本国内で確認された身代金要求ウイルス。「MINISTRY OF JUSTICE(法務省)」と騙っている

Androidへの脅威をブロックする
ウイルスバスター モバイル

こうした身代金要求ウイルス などの不正アプリの侵入を防ぐには、以下のような対策が有効です。

・App StoreやGoogle Playなどの公式のマーケットのみを利用する。
・送信元が不明なメールや、内容をよく読まずにメールなどのリンクを安易に開かない
・アプリがどんな情報にアクセスするのか、インストールするアプリの権限を確認する
OSやアプリはまめにアップデートしておく。

ただし、ユーザが注意して個別に対応していくのは限界があるでしょう。
そこでおすすめしたいのが、セキュリティアプリの利用です。「ウイルスバスター モバイル」は、Android端末とiOS端末向けのセキュリティアプリで、モバイル環境でのさまざまな危険を防いでくれます。

ウイルスバスター モバイルをスマホに入れておけば、不正アプリをインストール時に見抜いてブロックしてくれます(*1)。またインストール済みのアプリを手動でチェックすることもできます(*1)。見た目では気づきにくい不正なアプリも検出するので安心です。もちろん検出した不正アプリを削除する機能も搭載しています(*1)。
そして、先ほど説明した身代金要求ウイルス 。今後さらに流行すると考えられている脅威ですが、ウイルスバスター モバイルは前述した2016年3月に確認された身代金要求ウイルスにはすでに対応しており(検出名:AndroidOS_Locker)、万が一身代金要求ウイルス(*1)をインストールしてしまっても、検出してアンインストールを促します(*2)。

ウイルスバスター モバイルは、身代金要求ウイルス(*1)の検出も可能(*2)

ワンクリックでスキャン可能
簡単操作でセキュリティを実現

高機能なウイルスバスター モバイルですが、操作方法は実に簡単です。起動すると表示される画面で、まず「不正アプリ対策」をタップしましょう。ここで「リアルタイムスキャン」をオンにしておけば、アプリのインストール時に不正アプリを自動的にブロックします。

ウイルスバスター モバイルのメイン画面。各機能はここから選択する

「不正アプリ対策」の画面。リアルタイムスキャンのオンオフなどの設定が可能

すでにインストールしているアプリのセキュリティチェックを実行するには、同じ画面で「スキャン開始」をタップします。すると端末内のアプリを1つずつチェックし、脅威の有無を判断します。

不正アプリのスキャン結果。本体だけでなく、SDカード内のアプリもチェックできる

ウイルスバスター モバイルでは、アプリの権限のチェックも可能です。これは、アプリがどのような情報にアクセスしているかなどの挙動を検証できます。メイン画面で「アプリ権限チェック」を選択し、続けて表示される画面で「チェック開始」をタップしましょう。

「アプリ権限チェック」の画面。この機能でもリアルタイムチェックを実行することが可能

スキャンを実行し、アプリの権限を詳しくチェックできる

このほかにもウイルスバスター モバイルには、危険なWebサイトのブロック、SNSの安全な設定のサポート(*3)、メモリを解放しての端末の最適化(*4)など、さまざまな機能が搭載されています。さらには紛失したときにリモートで端末内のデータをロック(*4)することも。まさにこれ1本でスマホを取り巻く不安や脅威からあなたを守る、信頼のセキュリティアプリです。

最新の脅威に対応するためのセキュリティ技術として、PC版の「ウイルスバスター クラウド」と同じ「Trend Micro Smart Protection Network(以降、SPN)」を使用しています。これは、世界中から日々リアルタイムに収集した膨大なデータを分析して迅速かつ正確に最新の脅威を特定し、自動で保護を行うトレンドマイクロの独自技術です。

ユーザがWebサイトにアクセスする際に、自動的にSPNにそのサイトの安全性を問い合わせて不正サイトへのアクセスをブロックするセキュリティ技術「Webレピュテーション」。スマートフォンやタブレットなどのアプリが不正な挙動をしないか、情報漏えいなどプライバシーにおいて問題がないか、メモリ使用量などパフォーマンスに問題がないかの3つの観点で分析を行いアプリを評価することで不正アプリへの感染や情報漏えいを防ぐ技術「Mobile App Reputation」。これらの技術を活用して日々新たに登場するさまざまな脅威や手法を特定することで、モバイル端末の環境の安全性や快適性を維持しています。

安全で快適なスマホライフを送るために、ぜひ導入を検討してみてください。

*1 全てのウイルスに対応するものではありません。
*2 不正アプリ対策はiOSには対応しておりません。
*3 Kindle Fireシリーズには対応しておりません。AndroidではTwitterの設定はご利用いただけません。
*4 iOS、Kindle Fireシリーズには対応しておりません。

・2016年4月7日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。
・TREND MICRO、ウイルスバスタークラウドおよびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。本ウェブサイト上で使用される各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。